文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

静岡県

浜名湖のあさり


旬:3~5月

山海の恵みが混ざり合う汽水域で育つあさり。
ふっくらとした身は、滋味に富む深い味わい

プライドストーリー

浜名湖だからこそ生まれる、豊かな味覚。
春のあさりはひときわ身入りがよく大粒に

 静岡県の西部に位置する浜名湖は、海水と淡水が混ざり合った汽水湖。山からの栄養がいくつもの川を下って流れ込み、魚介類のえさとなるプランクトンを育てます。さらに入り江や水深の浅い場所が多く、底質が砂泥となっているため、あさりが育ちやすい生息環境が整っています。
 あさりの水揚げは一年中行われていますが、春先から初夏にかけてのあさりは身入りがよく、味わいが最も豊かになります。春は、あさりが産卵のために栄養をため込んだり、卵などをつくる生殖腺が大きくなる時期。特に、水温が上昇するとエサをたくさん食べてどんどん太るため、1年中で一番おいしくなります。
 貝殻いっぱいに詰まった身はふっくら柔らか。頬張ると、口いっぱいに濃厚な旨味のエキスが広がります。定番の酒蒸しをはじめ、炊き込みごはんや味噌汁、つくだ煮にしても味覚のバランスが崩れず、独特の風味を楽しむことができる逸品です。また、低カロリーであることもうれしい魅力で、ビタミンB12や鉄分や亜鉛などのミネラルを豊富に含み、貧血防止にも効果があると言われています。美しい浜名湖の風景とともに、おいしくヘルシーな旬のあさりを味わってみてください。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

独特の道具を使った漁法で採捕。
放流や天敵の駆除など資源保護にも取り組む

 あさり漁に使うのは、大きな篭がついた熊手状の道具「カクワ」(ほかにクマザラ・ジョレンなどの呼び名がある)です。船から湖内に降りた漁師さんは、湖底をカクワで曳き、あさりを獲ります。カクワは、柄が短いものから長いものでは3m近いものもあり、水深の深い場所では、ステンレス製の脚立のような「ゲタ」という道具を使用して作業します。
 禁漁期間は設けていないため一年中採捕できますが、サイズには規定があります。静岡県漁業調整規則では、殻長2cm以下は採捕禁止。漁業者間ではさらに独自のルールを設け、殻長3cm以上のあさりを選別し水揚げするという制限を設けています。また、一日の水揚量の上限も定めるほか、天然種苗した稚貝の放流や、天敵となるツメタガイの駆除を行うなど、あさりを貴重な水産資源としてその保護・増殖に努めています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他静岡県のプライドフィッシュ