文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

青森県

津軽海峡メバル


旬:4~6月

速い潮流のなかで鍛えられた
引き締まった身が絶品

プライドストーリー

淡白で上品な味わいは
刺身はもちろん、煮物や焼物にも抜群

 中泊町小泊地域で水揚げされるメバルは「ウスメバル」という種類で、鮮やかなオレンジ色の魚体が特徴。産卵場所のある津軽半島沿岸地域は、全国でも有数の漁獲地で、青森県では「春告魚」のひとつとして親しまれています。潮の流れが速いことで知られるこの海域で育つウスメバルは、適度な運動量と豊富な餌によって培われる、肉質の良さが魅力。引き締まった身には心地よい弾力があり、味わいは淡白で上品。特に春は脂がのって絶品です。また、DHAを多く含み、高タンパク・低脂肪でヘルシーな魚であることも魅力のひとつとなっています。青森のウスメバルは、「津軽海峡メバル」と名付けられ全国に出荷されており、東京築地市場では高級魚として取り扱われています。
 刺身はもちろん、煮ても焼いてもおいしい「津軽海峡メバル」。このメバルで地域を盛り上げようと誕生したのが、「中泊メバルの刺身と煮付け膳」、愛称「メバル膳」です。お頭付きのメバルの刺身姿盛り、熱々煮付け(ファイヤーグルメ)、イカ刺しごはん(※イカは別盛り)など、小泊地域で水揚げされたメバル丸々1尾使用した贅沢なメニュー。新鮮な刺身は脂と食感が一味違い格別です。お米は中里地域で生産された「つがるロマン」を使用するなど、地場産に徹底的にこだわった自慢のご膳です。ぜひ一度食べにきてください。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

抜群の鮮度管理で
新鮮なメバルをお届けします

 小泊港と下前港で水揚げされ、主に一本釣りと刺し網で漁獲されます。一本釣り漁法は年間を通して行われ、盛漁期である夏場の6月~8月の3ヶ月は固定式刺網漁も実施。刺網漁で水揚げされた「津軽海峡メバル」はよく脂がのり、いっそうおいしいとされています。漁獲後も丁寧に取り扱い、抜群の鮮度を保っています。
 昭和50年代前半には600~1,000トンの水揚げがあったウスメバルですが、近年その水揚げ量は減少しています。青森県並びに、漁協独自の資源管理計画等を立てて、漁期や漁具、網目等の制限を設け、幼稚魚の保護を行う一方、種苗放流を行うなどの資源回復に努めています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他青森県のプライドフィッシュ