文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

全国のプライドフィッシュ

沖縄県

沖縄美ら海まぐろ
「キハダマグロ」


旬:7~9月

さっぱりとした味わいが癖になる
薄紅色に輝く夏のマグロ

プライドストーリー

赤身、血合い、トロすべてに健康に役立つ栄養たっぷり!
旬のマグロが手ごろに楽しめる、漁獲量トップクラスの島

 沖縄は、季節ごとに「旬のマグロ」が食べられる全国的にとてもめずらしい島。本マグロ(クロマグロ)をはじめキハダマグロ、メバチマグロ、ビンチョウマグロと日本で漁獲されるマグロ4種類のすべてが水揚げされています。実は、沖縄のマグロ漁獲量は全国3位。マグロは、沖縄で最も多く漁獲される魚なのです。沖縄のマグロ漁は、環境にやさしい延縄漁や、パヤオ(浮漁礁)での近海漁で行われています。
 そこで沖縄ではマグロの産地としての認知度向上のための各種PR活動や県内外の消費拡大・需要拡大を図り、マグロ資源の有効活用と魚価向上、関連産業の振興を実現するため「沖縄美ら海まぐろ」ブランドを立ち上げました。
 マグロの赤身には、良質なたんぱく質が豊富。脂肪肝を防ぐ効果があると言われている必須アミノ酸のメチオニン、脂肪の酸化を防ぎ、老化を遅らせる働きがあると言われている必須微量元素のセレンを含んでいます。ほかにもリンやビタミンD、ビタミンKなどの骨の成長に欠かせない栄養素がたっぷり。血合いには、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れたタウリン、血行を良くし美肌作り、肩こり、腰痛に効果のあるビタミンE、貧血予防効果をもつ鉄などが多く含まれます。さらにトロ(脂身)には、動脈硬化を防ぐEPA(コイコサベンタエン酸)、DHAやビタミンA、D、Eが赤身以上に豊富。 EPAとDHAは、中性脂肪とコレステロールを減らして血液の粘度を下げ、血栓を予防する働きがあります。このため、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐだけでなく、脳血管障害が原因で起こる老人性認知症の予防や治療にも有効といわれています。DHAは、目窩の脂肪や、中トロ、大トロに多く含まれています。
 キハダマグロの身はきれいな薄紅色で、味はさっぱり。旬の生鮮キハダマグロが手ごろな価格で購入できるのは、漁獲量トップクラスの沖縄ならではです。

沖縄美ら海まぐろHPはこちら

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

年中を通して沖縄県で水揚げされているマグロ。
環境にやさしい、伝統ある漁法で水揚げ

 本マグロ、キハダマグロ、メバチマグロ、ビンナガマグロなどのマグロ類は暖かい海を好み、沖縄近海に集まります。沖縄では、年間を通して常にマグロ類が水揚げされています。
 沖縄のマグロ漁法は、2種類。1つ目は、延縄漁業です。戦後、食糧難の時代に当時の琉球列島米国民政府の援助で開始し、その後、日本政府と県外の協力をもとに遠洋マグロ延縄漁業が導入されました。延縄漁業では、「幹縄(みきなわ)」と呼ばれる縄に、針のついた枝縄(えだなわ)と呼ばれる縄をつけて魚を獲ります。枝縄5~10本ごとに浮きを付け、浮きから針までの距離で漁獲する水深を調整します。幹縄の長さは約100m、針の数は2000本以上に及びますが、1回の操業でマグロがかかる針はわずか6本程度です。
 もう1つの漁法は、「パヤオ」という人工漁礁を海に浮かべ、そこに集まった魚を釣る漁法です。なぜパヤオに魚が集まるのかは解明されていませんが、一説ではパヤオに貝や海藻が付着し、それを食べにきた小魚をマグロが食べるという食物連鎖がパヤオの周りで起きているからといわれています。また、マグロが、パヤオのような海面に浮いているものに集まる習性があるからという説もあります。現在、パヤオは県内に約200基設置されています。
 延縄やパヤオでの一本釣り等の基準を満たしたマグロが「沖縄美ら海まぐろ」の認定を受け、流通します。「沖縄美ら海まぐろ」ブランディング事業部は県内の小売店・飲食店等と連携したPRや消費者への食べ方・料理方法等の訴求を行い、更なるイメージの向上・定着を図っていきます。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他沖縄県のプライドフィッシュ