文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

和歌山県

紀州勝浦産生まぐろNEW


旬:1~5月

紀州勝浦は全国屈指の生まぐろの産地
丁寧に活け締めした生まぐろは鮮度が自慢

プライドストーリー

NEW

黒いダイヤとも呼ばれるクロマグロを筆頭に、
4種類の魅力的な生まぐろが紀州勝浦で水揚げ。

 マグロの種類の代表的なものは、クロマグロ、ミナミマグロ、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロと5種類ありますが、和歌山県那智勝浦町の勝浦市場には、ミナミマグロ以外の4種類が水揚げされます。クロマグロ以外は周年水揚げされますが、どの種類も冬場の脂ののりが絶品と言われています。
○黒ダイヤとも呼ばれる「クロマグロ」は、いわずと知れた超高級まぐろです。勝浦の場合、黒潮にのってクロマグロがやってくる時期は1月から5月頃です。肉質は濃い赤色で、熟成することで旨みが増します。
○パッチリした大きい目が特徴の「メバチマグロ(目鉢まぐろ)」は、クロマグロに比べて脂は控えめですが、クセのない赤身や中トロが人気です。勝浦では周年漁獲されています。
○肌(表皮)が黄色いことが名前の由来の「キハダマグロ(黄肌まぐろ)」。身はきれいな薄紅色で、味はさっぱりです。勝浦では周年漁獲されています。
○長い胸びれが特徴の「ビンナガマグロ(鬢長まぐろ)」は、一般的に缶詰の原料など加工品向きが多くなっていますが、勝浦では鮮度の良い生の状態で水揚げされ、刺身やまぐろ丼などに重宝されます。 特に旬である冬から春のものは、身色も淡い桜色をしており、まさに「さくらびんちょう」です。モチモチした食感と適度の脂がのり絶品です。
 市場へ水揚げされたマグロの中で、和歌山県漁連の熟練した目利きによって選りすぐられた生マグロにはオリジナルステッカーを張り付けております。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

NEW

全国有数の生まぐろの産地

 日本有数の生まぐろの水揚量を誇る和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港。黒潮に揉まれた天然まぐろを、はえ縄漁法により漁獲しています。何十kmにも渡る幹縄から伸びるたくさんの釣針にムロアジ、マイワシ、サバ、イカなどの餌を1匹付けして釣り上げます。釣り上げたマグロは、一本一本丁寧に活け締め処理します。その後、船内において冷水保存(氷温)を行いますが、これにより漁獲直後の新鮮さを維持したまま水揚げされます。
 生まぐろは、水揚漁港が漁場に近い方が鮮度維持するのが有利。黒潮に乗ったカツオ、イカ、アジなどを追って紀伊半島に近づいてくるマグロの水揚げ基地として絶好な位置にあるため、勝浦漁港は大きく発展してきました。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他和歌山県のプライドフィッシュ