文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

新潟県

佐渡の寒ブリNEW


旬:11~1月

佐渡で揚がった寒ブリは「冬魚の王様」
まるい魚体は脂もたっぷりとろけるおいしさ!

プライドストーリー

NEW

冷たい北の海の荒波にもまれたブリの身は締まりが抜群。
味よし、見た目よしの自慢の寒ブリをご堪能ください

 日本海に浮かぶ、日本で二番目に大きい島である佐渡島。ブリは、四季折々の魚が豊富に漁獲される佐渡島で「佐渡市の魚」として島民に親しまれており、その中でも「冬魚の王様」といわれるのが寒ブリです。師走に獲れる佐渡の寒ブリは、北の海で餌をたっぷりと食べ、太った体は丸々とふっくら。日本海を南下することで荒波にもまれたその身は締まりも色艶もよく、脂がのってとろけるような美味しさが自慢です。
 身のしまりや鮮度、脂にこだわり抜いて漁師が選んだ冬魚の王様を、ぜひこの冬お召し上がりください!

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

NEW

「ブリ起こし」がはじまりをつげる佐渡の寒ブリ漁。
基準をクリアしたものだけを、自信を持って出荷します

 冬型の気圧配置が強まるころ、「雪起こし」と呼ばれる雷が鳴りだすと、佐渡島の寒ブリ漁が始まります。佐渡ではこの雷を「ブリ起こし」と呼んでいます。
 佐渡の寒ブリの主な水揚げ地は両津湾内。設置された大型定置網で、日本海を南下する寒ブリを漁獲します。佐渡島の各漁港では、一本釣り漁業でも水揚げがされています。漁獲した寒ブリのなかから、以下の3つの厳しい基準をクリアしたものだけを「佐渡の寒ブリ」として出荷しています。

・新潟県佐渡島の各漁港で水揚げされたもの
・定置網及び一本釣り漁業で漁獲されたもの
・一本8kg以上で漁師の目利きにより厳選され、漁協・JF新潟漁連が認定したもの

 出世魚であるブリは佐渡では、一般的にズンベ(200~300g)→イナダ・フクラギ(500g~1kg)→ワラサ・ニマイズル(2~3kg)→ブリ(約4kg~)と呼んでいます。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他新潟県のプライドフィッシュ