第18回シーフードコンクール

大日本水産会会長賞

No.7三重の華やかプレート(大水会長賞)

★ 主菜:鰯のフライ(右下)
★ 主食:クスクスジェノベーゼ(左下)
汁物:とうもろこしのスープ(右上)
副菜:もずくのサラダ(左上)
※写真は、1人分のワンプレートです。
※ワンプレート4品のうち2品以上に国産のお魚、貝、海藻類を使用しています。

給食で楽しむお魚ワンプレート

三重の華やかプレート

三重県水産物消費拡大促進協議会推薦/
三重県立相可高等学校食物調理科 3年

長田 実季さん

【レシピへの思い】

このレシピは味だけでなく見た目も楽しんでほしい料理となっています。色どりがよく華やかなプレートになっていることや、しっぽを残し泳いでいるかのように見える鰯のフライなど、ぜひ見た目からも楽しんでご賞味下さい。

【魚介藻類を選んだ理由・料理ポイント】

イワシを塩で臭みを抜き、食べやすくしました。タイを選んだ理由は、身によく脂がのっており、皮も赤で鮮やかで臭みが少ないという理由で選びました。クスクスでジェノベーゼを作り、全体的に緑にし、緑の中に包まれるタイをイメージしました。

メインの魚料理★の材料と作り方

(2人分)

鰯のフライ

主な魚介類 イワシ

  • いわし 2尾
  • 食パン(10枚切り) 2枚
  • アボカド 1/4個
  • 生クリーム 50ml
  • 適量
  • 塩、こしょう 各適量
  • 梅干しの実 3g
  • <ホワイトソース>
     バター 40g
     小麦粉 40g
     牛乳 40g
  • <ソース>
     トマトケチャップ 大さじ2
     しょうゆ、酢、砂糖 各大さじ1

作り方

  1. 1いわしは尾を残して骨を取り、塩をふってくさみを抜きます。フライパンに油大さじ1をひいてさっと焼きます。
  2. 2アボカドを裏ごします。生クリームを泡立ててアボカドと混ぜ、塩を加えて調味します。
  3. 3ホワイトソースを作り、梅干しの実をたたいて加え、塩、こしょうで味をととのえます。
  4. 4ソースのトマトケチャップ、しょうゆ、酢、砂糖を混ぜ、とろみがつくまで煮詰めます。
  5. 5食パンの耳を切り落とします。横半分に切り、麺棒で薄くのばします。
  6. 6⑤の間に①のいわしをはさみ、③のホワイトソースを入れてパンを閉じ、揚げ焼きします。
  7. 7②を器に絞り、⑥をのせ、④を上からかけます。

クスクスジェノベーゼ

主な魚介類 タイ

  • たい 1/8尾
  • クスクス 1/4カップ
  • 適量
  • オリーブ油 適量
  • 春菊(サラダ用) 1/4袋
  • <ペースト>
     バジル(生) 2袋
     松の実 20g
     にんにく 1片
     オリーブ油 大さじ3

作り方

  1. 1鍋にクスクスとひたひたの水を入れて煮て、クスクスに火を通します。
  2. 2ペースト用のバジル、松の実、にんにく、オリーブ油と塩をミキサーにかけてペースト状にします。
  3. 3①に②を混ぜ合わせ、塩で味をととのえます。
  4. 4フライパンにオリーブ油を熱し、たいを入れ、たいを押さえつけながら焼き、皮目に塩をふります。
  5. 5③をセルクルの型に詰めて器に抜きます。上に春菊とたいをのせます。

【メインのお魚料理以外の2品の主材料】
【とうもろこしのスープ】とうもろこし・フュメ・ド・ポワソン
【もずくのサラダ】もずく・海老

 
主催:
全国漁業協同組合連合会(中央シーフードセンター)
後援:
農林水産省 NHK 一般社団法人 大日本水産会 フード・アクション・ニッポン推進本部プライドフィッシュプロジェクト企画委員会
協賛:
全国漁業共済組合連合会 全国共済水産業協同組合連合会 全国漁連のり事業推進協議会 海と魚と食を考える会
日本おさかなマイスター協会 公益社団法人 全国調理師養成施設協会 全国高等学校家庭クラブ連盟 全国家庭科教育協会
一般社団法人 全国料理学校協会 NPO日本食育インストラクター協会 一般社団法人 全国栄養士養成施設協会

プライドフィッシュを使用したレシピはプライドフィッシュWEBサイトにて公開、または今後開催予定の「Fish-1グランプリ」のプライドフィッシュ料理コンテストへ自動エントリーさせていただく場合があります。ご了承ください。