第23回シーフードコンテスト

過去の入賞作品はこちら

あなたの料理がメニューや商品に!ごはん&パンにあうおさかな料理~おさかな毎日いただきます!!〜

1.プロを目指す学生部門 ごはんにあう魚料理

調理師専門学校・高等学校調理科・栄養専門学校・短期大学・大学で専門的に調理・栄養を勉強している食のプロを目指している学生および漁業関係推薦のプロを目指す学生。

Check!

  • 国産米と食べる魚料理(一品料理で、丼、汁物、麺類も可。一緒に食べるごはんの種類もお書きください。)
    例)白米、玄米など
  • プロを目指す学生部門は、将来自分が目指す職業(フレンチ、イタリアン、和食、洋食、町中華、給食、社食、お弁当屋さん等)をイメージした料理を考案する。

2.魚活(うおかつ)チャレンジ部門〈旧:お魚料理チャレンジ部門〉 パンにあう魚料理

「1.プロを目指す学生部門」以外の学生(小・中・高・大・専門学生等)、一般の方(プロアマ問わず)、および漁業関係推薦の方。

Check!

  • 市販のパンと食べる魚料理(一品料理で、汁物、麺類も可。パンにのせる、はさむ可。一緒に食べるパンの種類もお書きください。)
    例)食パン、フランスパン等
  • 菓子パン、惣菜パンは除く。

応募条件

〈応募条件〉

〈材料〉

〈レシピ〉

〈PR文〉

〈調理時間のめやす〉

2人分50分以内(全てこの時間内で完成できるもの) ※お米の浸水時間は除く

〈材料費のめやす〉

2人分3,000円程度

〈第23回シーフード料理コンクールチラシ(PDF)〉

応募方法

WEBサイトまたは郵送にてご応募ください。応募期間:2022年7月1日(金)開始

WEBサイトから応募する

下記応募フォームから
必要事項を入力、料理写真を添付して
期日までに申し込んでください。

2022年9月22日23:59まで受付

応募フォーム

みんなからの応募待ってるよ

郵送で応募する

指定の応募用紙(チラシ、または以下よりダウンロード)に必要事項を記入し、料理写真を添えて、締切までに郵送してください。

2022年9月22日当日必着

応募票(PDF)

応募票(エクセル)

※学校単位で応募する場合は、下記の応募者名簿をご利用ください。

応募者名簿(学校用)(PDF)

応募者名簿(学校用)(エクセル)

※お使いのパソコン環境によっては、エクセルファイルのダウンロードができない場合があります。PCの場合、上記、文字の上で右クリックして開くメニューからファイルを保存してエクセルデータをご利用ください。

〒104-0033
東京都中央区新川1-28-44 新川K・Tビル
JF全漁連 消費拡大対策室内「第23回シーフード料理コンクール」係
TEL 03-6222-1321

各賞

  • 農林水産大臣賞(最優秀賞)
    最優秀賞の副賞として高品質鍋+JFおさかなマルシェ「ギョギョいち」商品(2万円相当)
  • 水産庁長官賞
  • 全国漁業協同組合連合会会長賞
  • 大日本水産会会長賞
  • 日本放送協会会長賞

ほか各賞を予定、副賞もご用意しております。
ご応募いただいた中から、学校奨励賞も予定しております。

審査・表彰式

〈審査〉

(1)書類審査

2部門で計16名以内を選定します。(審査通過者には2022年11月11日(金)までにご連絡いたします)

(2)実技審査

書類審査通過者による実技審査を行い(2023年1月8日(日)服部栄養専門学校において開催)、受賞作品を決定します。※詳細は、書類審査通過者へ別途通知。実技審査出場者ご本人の往復交通費・遠方の方は宿泊費を本会規定により支給します。

(3)選考・審査基準

各部門のテーマに沿って、以下の項目について総合的に採点します。

(4)表彰式

2023年1月8日(日)※詳細は、書類審査通過者へ別途通知
会場:服部栄養専門学校(東京都渋谷区)

〈審査委員〉

服部 幸應 氏
(学校法人服部学園 理事長・服部栄養専門学校 校長)
他7名

〈応募締め切り〉

2022年9月22日(木)※当日必着

〈実技・試食審査および表彰式〉

2023年1月8日(日)会場:服部栄養専門学校(東京都渋谷区)

アドバイス・応募上の注意

〈事務局からのアドバイス〜書類審査のポイント〜〉

〈応募上の注意〉

レシピ募集に関するQ&A

※随時更新

応募する料理写真について、レシピは2人分とありますが、写真も2人分を撮るのでしょうか?
料理によりますが、1人分ずつもりつける料理は、写真は1人分でお願いします。2人分を1皿にもりつける料理は、2人分の写真でお願いします。可能であれば、余白に○人分写真と記載いただけましたら有難いです。
プロを目指す学生部門の部門別テーマが「ごはん」にあうお魚料理ですが、おにぎりも応募できますか?
はい、おにぎりも入ります。その他にピラフやチャーハン、炊き込みご飯も入ります。
プロを目指す学生部門で玄米を使いたいのですが、浸水時間がかかります。調理時間50分の中で浸水も行わなければならないでしょうか?
お米の浸水時間は、除きます。(白米も同様)
レシピは一人一作品の応募でしょうか?
レシピは何通でもご応募可能です。みなさまのアイディアレシピをお待ちしております。また、グループで考えたレシピご応募も可能です。但し、実技審査は代表の方おひとりに調理していただきますので予めご了承ください。

What's Pukupuku?

シーフード料理コンクール
イメージキャラクターのご紹介です。

【コンクール問い合わせ先】
JF全漁連 消費拡大対策室内「第23回シーフード料理コンクール」事務局
TEL 03-6222-1321
(平日9:00-16:00 ※昼休12:00-13:00)

主催
全国漁業協同組合連合会(JF全漁連中央シーフードセンター)
後援
農林水産省  NHK 一般社団法人大日本水産会  プライドフィッシュプロジェクト企画委員会
特別協力
全国漁業共済組合連合会 
全国共済水産業協同組合連合会 
全国漁連のり事業推進協議会
協力
日本おさかなマイスター協会 
一般社団法人日本さかな検定協会  
公益社団法人全国調理師養成施設協会 
一般社団法人全国栄養士養成施設協会 
全国高等学校家庭クラブ連盟 
全国家庭科教育協会 
一般社団法人全国料理学校協会 
NPO日本食育インストラクター協会 
海と魚と食を考える会 
パルシステム生活協同組合連合会 
一般社団法人ChefooDo
サポート協力
服部栄養専門学校
(たまに更新)