fish-1グランプリ

"プライドフィッシュ"と"ファストフィッシュ"
2つの「フィッシュ」コンテストを開催します!

漁師が自信を持って勧める、今一番食べてほしい魚「プライドフィッシュ」と、手軽に魚を食べられる簡単・便利な商品「ファストフィッシュ」。魚食普及の2つの柱となるこれらの魚や商品を食べられる絶好の機会をお見逃しなく!プライドフィッシュ料理コンテストと国産魚ファストフィッシュ商品コンテストのグランプリを決めるのはあなたです!

  • 購入方法
  • 参加方法
  • プライドフィッシュ料理コンテスト
  • 国産魚ファストフィッシュコンテスト
  • 審査委員

購入方法

購入方法

参加方法

  • 料理・商品と投票券を受け取る
  • 14:45までに投票!(投票券配布終了14:30)

プライドフィッシュ料理コンテスト

各都道府県のJFグループ一押しの旬の魚「プライドフィッシュ」を使った漁師料理を提供!

プライドフィッシュとは

全国各地の漁師が選んだ、本当においしい旬の魚。魚のおいしさの感動を伝えるため全国漁業協同組合連合会が2014年度より始めたプロジェクトで、各地の漁連・漁協(JFグループ)が春夏秋冬ごとに、旬を迎える魚の中から選定。

詳しくはこちら

選考方法

プライドフィッシュを使用した料理を、各漁連・府県漁協から募集。応募された料理の中から、審査員による審査を行い、11/25(日)のイベント(最終審査)に出場する6団体を選出しました。

販売価格

各料理500円
※商品購入チケットまたは電子マネーにて購入いただけます。

出場団体(漁連・府県漁協)

書類選考の結果、下記の6団体が選ばれました!(順不同)

  • 1 JFみやぎ 蒸しカキの和・洋・中ソース添え

    宮城のカキは、栄養豊富な恵まれた海で育つため、大粒。蒸すことによってプリプリになり、さらに旨味も凝縮されたカキをお楽しみください。和・洋・中それぞれのソースは、日本酒・ワイン・ビールどれにも合う味です。

    みやぎの殻付カキ

    レシピはこちら

  • 2 JFやまがた 庄内浜 紅えび丼 ~飛島産シャキとろギバサを添えて~

    山形県の日本海側に位置する庄内地方では、ホッコクアカエビ(甘エビ)を「紅えび」と呼びます。女性の唇に紅をさしたさまに似ていることが由来で、ミネラルを多く含む海洋深層水域に生息し、非常に強い甘みが特徴です。近年注目されているスーパーフード、山形県酒田市の沖合浮かぶ飛島で採れた、とろりとした粘りのあるギバサを添えた、珠玉の一杯をご賞味ください。

    紅えび

    レシピはこちら

  • 3 JF銚子(JF千葉漁連) 銚子つりきんめ煮炙り丼

    銚子沖で、底たて縄(手釣り)によって1尾ずつ丁寧に漁獲されたきんめだいを「銚子つりきんめ」と呼びます。1年を通して良質な脂がのった極上品。特製のタレで甘辛く煮たあと、香ばしく炙りにした自慢の味で、最高の食材をぜひ味わってください。

    千葉のつりきんめ

    レシピはこちら

  • 4 JF京都 京鰆の棒寿司

    西京漬けなどの京料理に欠かせない京鰆。モチモチとした柔らかい食感と、淡白ながらも甘みのある味が特徴のサワラを、塩で3日、酢で2日漬けて棒寿司にしました。サワラの食感はそのままに、酢の酸味とワサビの辛さが絶妙な一品です。

    京鰆

    レシピはこちら

  • 5 JF岡山漁連 白焼き穴子のぶっかけ海苔茶漬け

    白焼き穴子の香ばしい香りと、焼き海苔の風味豊かな香りを一度に味わえる、贅沢な一品。岡山の豊かな海で育った穴子は、身がふっくらと柔らかく旨味がたっぷり。海苔の旨味とアクセントのゴマ油が食欲をかきたてます。

    岡山のアナゴ

    ほんに良い味岡山海苔

    レシピはこちら

  • 6 JF沖縄漁連 美ら海丼

    美ら海で獲れた鮮度抜群の生マグロにせーいかを合わせた「美ら海丼(イタリアン風味)」。沖縄を代表する海藻、モズクと海ぶどうをトッピングした、「沖縄の美ら海」の恵みが詰まった一品です。

    沖縄美ら海マグロ「キハダマグロ」

    沖縄美ら海マグロ「メバチマグロ」

    ※水揚げ状況に応じて上記いずれかを使用予定

    せーいか(ソデイカ)

    沖縄モズク

    沖縄海ぶどう(クビレズタ)

    レシピはこちら


※各写真はイメージです。
※各店舗1,000食限定予定。売り切れ次第終了となります。
※水揚げ状況等により販売数量等が変更になる可能性があります。
※販売分量は通常の1食分の1/2~1/3程度です。

国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト

気軽・手軽に食べられる国産の水産物を使った加工品「ファストフィッシュ」のコンテスト!

ファストフィッシュとは

手軽・気軽においしく水産物を食べること及びそれを可能にする商品や食べ方のこと。加速する魚離れを食い止めるべく、2012年から始まった官民協働の取り組みである「魚の国のしあわせ」プロジェクトの1つです。現在では3,240の商品が選定され、全国のスーパーなどで販売されています。

詳しくはこちら

選考方法

ファストフィッシュに選定された商品を加工・製造している企業・団体から、国産の水産物を使用したファストフィッシュ商品を募集。応募された商品の中から、審査員による審査を行い、11/25(日)のイベント(最終審査)に出場する5団体を選出しました。

販売価格

各料理200円
※商品購入チケットまたは電子マネーにて購入いただけます。

出場団体(ファストフィッシュ商品認定団体)

書類選考の結果、下記の5団体が選ばれました!(順不同)

  • 1 長崎:長崎 九十九島 めぐみもん(アクトフォー(株)) 地ダコとトマトの洋風ごはん

    佐世保魚市場のブランド真だこ「恵だこ」を使用。イタリア産の有機トマトを使い、魚醤でコクを持たせた、旨味たっぷりのタコ飯の素です。化学調味料は使用せず、風味・旨味の強いタコの味が楽しめる、自慢の炊き込みご飯をぜひお試しください。

    詳しくはこちら

  • 2 佐賀:JF佐賀げんかい 呼子剣先いか三色しゅうまい

    いかの町・呼子の漁師が一本釣で丁寧に釣り上げた剣先いかを100%使用した、素材の色・味を楽しめる3色しゅうまいです。剣先いかの美味しさをギュッと詰め込んだ桃色は、剣先いかの旨みと風味が楽しめます。黒色は、香ばしいいか墨入りです。

    詳しくはこちら

  • 3 香川:三﨑丸 太郎のおみやげ(さぬき さつまライス カレー味)―パスタ―

    「さつま」とは、荘内半島で食べられてきた郷土料理。ご飯に乗せて食べるのが一般的でしたが、洋食にも合うよう現代風にアレンジしました。香川県産のタイやスズキなどの白身魚を、みりん・砂糖・ショウガ・米麹みそ・カレーパウダーなどで味付け。本イベントでは、パスタに絡めてお楽しみください。

    詳しくはこちら

  • 4 岡山:(株)長谷井商店 恵味揚げ ひら

    全国でもほぼ岡山でしか食されていない魚「ひら」を100%使用した、無添加のじゃこ天風さつま揚げです。ひらは小骨が多いため、近年では消費量が減少。しかし、本商品は小骨ごとすり潰しているため食べやすく、さらにひらの消費量向上にも貢献しています。強いコクと旨味が味わえる、日本唯一のひらの加工品をご堪能ください。

    詳しくはこちら

  • 5 北海道:(株)兼由 さんまの黒酢煮

    水揚げ日本一の「根室産サンマ」を原料とし、黒酢を使った特製の調味液でじっくり煮込みました。甘酸っぱい味つけでご飯もすすみます。通常では規格外となる小型サンマを原料にし、資源を有効活用しながら、「根室産サンマ」の美味しさを全国に広める努力をしています。

    詳しくはこちら


※各写真はイメージです。
※各店舗1,000食限定予定。売り切れ次第終了となります。
※水揚げ状況等により販売数量等が変更になる可能性があります。
※販売分量は通常の1食分の1/2~1/3程度です。

審査委員

  • 中嶋  貞治

    「新宿割烹 中嶋」店主、一般社団法人東京都日本調理技能士会 副会長、「わたしたちのファストフィッシュ委員会」委員長/中嶋 貞治

  • 中澤 さかな

    道の駅「萩しーまーと」専務理事/中澤 さかな

  • 金井 美稚子

    食ジャーナリスト、エディター&プロデューサー/金井 美稚子

  • 上田 勝彦

    株式会社ウエカツ水産 代表、東京海洋大学客員教授/上田 勝彦

  • 上田 勝彦

    全国漁業協同組合連合会 代表理事専務/長屋 信博

  • 上田 勝彦

    国立大学法人東京海洋大学 名誉博士、客員准教授/さかなクン

    特別委員

  • PRIDE FISH
  • JF全漁連
  • 水産庁
  • 国産水産物流通促進センター
menu
pagetop