文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv
  • ホーム
  • お知らせ
  • 12/1(火)東九州自動車道開通記念 東九州地区プライドフィッシュ PR試食会 イベントレポート

pridefish

お知らせ

12/1(火)東九州自動車道開通記念
東九州地区プライドフィッシュ PR試食会 イベントレポート

JF福岡ぎょれん・JF福岡有明海漁連・JFおおいた・JF宮崎漁連・JF鹿児島漁連のプライドフィッシュが堂々集合!

プライドフィッシュPR試食会、東九州へ。
漁師が誇る自慢の魚たちの旨さをアピール!

12/1(火)大分県 コンパルホールにて、東九州自動車道開通記念 東九州地区プライドフィッシュPR試食会を実施いたしました。主催は、JF福岡ぎょれん・JF福岡有明海漁連・JFおおいた・JF宮崎漁連・JF鹿児島漁連の4県5漁連・漁協とJF全漁連。それぞれ自慢のプライドフィッシュが一同に集まりました。会場は、テレビ局など地元メディア、水産流通関係者、行政関係の方々も含め総勢約200名もの皆さまにご来場いただき大盛況。熱い注目を集めながら開会を迎えました。PR試食会は、JF全漁連 長屋信博代表理事専務からのご挨拶で開会。水産庁 香川謙二次長、続いて大分県 太田豊彦副知事から、東九州自動車道の開通に伴う流通の拡大と、そして当プロジェクトによる水産物の消費拡大に寄せる期待とご支援のお言葉をいただきました。JF全漁連 水産物消費拡大対策部 三浦秀樹部長より、当プロジェクトの概要と取組の説明後、ご試食へと進みました。

  • 多くのご来場者で開会前からにぎわう会場

  • 試食に向けて調理されるプライドフィッシュ

  • JF全漁連 長屋信博代表理事専務からのご挨拶

  • 水産庁 香川謙二次長より来賓挨拶

  • 大分県 太田豊彦副知事より来賓挨拶

  • JF全漁連 水産物消費拡大対策部 三浦秀樹部長による説明

知れば知るほど奥が深い、プライドフィッシュの魅力とストーリーを語るプレゼンテーションを展開。

ご試食いただきながら、当PR試食会の主催となる5漁連・漁協の代表者よりプライドフィッシュのプレゼンテーションが行なわれました。JF福岡ぎょれんは、リーズナブルな価格でほろりとした白身を堪能できる「シロサバフグ(カナトフグ)」、JF福岡有明海漁連は、豊かな甘みとほろほろと溶けるような柔らかさが自慢の「福岡のり(有明海産一番摘み)」をそれぞれ紹介。JFおおいたは、地元が誇る名産である「かぼす」を飼料に加えて育てた「かぼすブリ」「かぼすヒラメ」、そして地元で愛されている「豊後別府湾ちりめん」をアピール。JF宮崎漁連は、鮮度が自慢の「宮崎近海生マグロ」、輝く白さが印象的な「宮崎ちりめん」。マグロは、ダイナミックな解体ショーも行い、会場からは盛大な拍手が起こりました。JF鹿児島漁連は、引き締まった身質が特徴の「トッピー(トビウオ)」、地元のソウルフードでありながら海外へも積極的に進出している「きびなご」のプレゼンテーションを行いました。各地域、それぞれの海域の特徴を活かし、その土地と人とともに歩んできたプライドフィッシュに、ご来場のみなさまは関心を寄せておられました。

  • 福岡県漁業協同組合連合会 佐藤政俊代表理事会長

  • 福岡有明海漁業協同組合連合会 西田晴征代表理事会長

  • 大分県漁業協同組合 日隈邦夫専務理事

  • 宮崎県漁業協同組合連合会 宇戸田定信代表理事会長

  • 鹿児島県漁業協同組合連合会 宮内和一郎専務理事

  • プライドフィッシュを用いた料理を次々とご提供

全国的に展開中の「浜プラン」のご紹介、総評を経て、好評のうちに閉幕。

JF全漁連 浜再生推進部 原田昌彦次長からは、「浜プラン」についてプレゼンテーションを行いました。「浜プラン」とは、全国の浜で行われている、水産物の販路拡大や販売促進、コストの削減への取り組みを支援するプロジェクト。浜プランの中にはプライドフィッシュが選ばれている地域もあります。中澤さかな運営委員長からの総評では、本日の試食品へのコメントや当プロジェクトホームページの便利な活用法などが紹介されました。そして最後に、大分県漁業協同組合 山本勇代表理事組合長が登壇。今回の試食会へご参加、ご協力くださった方への厚い感謝と、九州の魚食、日本の魚食を今後も盛り上げていく決意を込めた挨拶で、PR試食会は締めくくられました。

東九州の皆さまへ、プライドフィッシュの魅力とおいしさお伝えする機会となった今回のPR試食会。プライドフィッシュプロジェクトは、今後もますます活動を広げてまいります。どうぞご期待ください!

  • 試食を堪能されるご参加の皆さま

  • 豪快に解体されたマグロは、その場で振る舞われました

  • 中澤さかな運営委員長による総評

  • 大分県漁業協同組合 山本勇代表理事組合長

EDITOR'S 実食レポート

福岡「シロサバフグ(カナトフグ)」を使った
シロサバフグの唐揚げ

福岡「シロサバフグ(カナトフグ)」を使ったシロサバフグの唐揚げ

フグならではの淡白で上品な味わいの白身を、スパイスを効かせた衣で香ばしく揚げたお料理です。熱が入った身はほどよく引き締まり、プリッと弾力のある食感。まるで鶏肉のような感覚で食べ応えがあり、お腹も大満足。若い世代の方に、ぜひおすすめしたい唐揚げでした。

福岡有明海「福岡のり(有明海産一番摘み)」を使った
簡単!和風のりソースパスタ

福岡有明海「福岡のり(有明海産一番摘み)」を使った簡単!和風のりソースパスタ

豊かなコクを感じる和風のりソースの味わい。これが、調味した出汁に福岡のりを入れるだけという、まさしく手軽な製法に驚いてしまいます。繊細で溶けやすいという特徴を活かしたアイデア調理。パスタへの絡み具合も素晴らしく、ぜひご家庭でも試していただきたい一品です。

大分「かぼすブリ」を使った
かぼすブリ味噌どん

大分「かぼすブリ」を使ったかぼすブリ味噌どん

脂ののったブリの濃厚な味わいが味噌の深い風味をしっかりと受け止め、見事に調和。思わずご飯が進んでしまいます。ぽってりとしなやかなブリの食感も絶品。これだけ重厚な味わいでありながらしつこくなく後味がさっぱりしているのは、かぼすブリならではの魅力です。

大分「かぼすヒラメ」を使った
かぼすヒラメとカブのサラダ

大分「かぼすヒラメ」を使ったかぼすヒラメとカブのサラダ

おしゃれなワンスプーンスタイルに盛り付けられた、かぼすヒラメとカブのサラダ。そのまま前菜としてワインに似合いそうなお料理です。しっとりと脂ののった身をポン酢の香りが優しく包み、アクセントのラディッシュは食感に楽しみを演出。一口に魅力が凝縮しています。

大分「豊後別府湾ちりめん」を使った
チリメンスナック

大分「豊後別府湾ちりめん」を使ったチリメンスナック

地元で愛されるちりめんを刻んで生地に練り込み、スティック状に揚げた一品。おやつ感覚で気軽に食べられ、カルシウムの摂取にもひと役買ってくれそう。噛むほどにちりめんの深い味わいが広がり、おつまみにもピッタリ。ついつい手が出てしまいます。

宮崎「宮崎近海生マグロ」を使った
ごろごろマグロのおからコロッケ

宮崎「宮崎近海生マグロ」を使ったごろごろマグロのおからコロッケクし

一口噛みしめるとすぐにその食感でわかる、角切りになった身の存在感。その名の通り、ごろごろと入っていてボリューム満点。マグロを食べていることを実感できる食べ応えがあります。マグロの旨味をギュッと凝縮しながらもアッサリとした味わいは、老若男女みんなに愛されています。

宮崎「宮崎近海生マグロ」を使った
マグロの刺身

宮崎「宮崎近海生マグロ」を使ったマグロの刺身

会場で、ご来場の皆さまの目の前で解体されたのは、宮崎の近海で獲れたキハダマグロ。解体後、すぐさま切り分けられて試食のテーブルへ。生マグロならではの食感は、まるで絹のようになめらか。脂ののりはほどよく、赤味でさえとろけるような味わいを堪能することができました。

宮崎「宮崎ちりめん」を使った
釜揚げちりめん丼

宮崎「宮崎ちりめん」を使った釜揚げちりめん丼

輝くような白さが特徴の宮崎ちりめん。鮮度や製法にこだわった、宮崎のプライドフィッシュです。ふんわりと釜揚げされたちりめんを、真っ白いご飯の上にたっぷりとかけた丼に仕立てた一品。その味わいは、噛めば噛むほど口の中に優しく広がり、思わずおかわりを誘います。

鹿児島「トッピー(トビウオ)」を使った
飛び魚フィッシュボールの甘酢あんかけ

鹿児島「トッピー(トビウオ)」を使った飛び魚フィッシュボールの甘酢あんかけ

数百メートルも飛ぶと言われるトッピーは、その運動量から想像できる通り、引き締まった身が特徴。そのすり身をボール状にして揚げ、甘酢あんかけで仕上げたお料理。まるで肉のようにほどよい弾力がありながら、味わいはしっかりと魚。しかも、しっとりジューシーな食感です。

鹿児島「キビナゴ」を使った
きびなごのカルパッチョ

鹿児島「キビナゴ」を使ったきびなごのカルパッチョ

子どもでも簡単に手で開くことができることから、食育の分野でも注目されているというキビナゴ。これをイタリアン風のカルパッチョに仕立てた一品です。透き通るような身は、ドレッシングにも好相性。ピンクペッパーは、味にも見た目にもアクセントとなっていました。


------------------------------------------------
今回登場したプライドフィッシュは、以下のプライドフィッシュです。

  • LINEで送る

お知らせ一覧へ