文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

おいしいレシピ

<水産庁長官賞>
押鮨弁当

【第14回シーフード料理コンクール受賞レシピ】
じっくり下準備をすることでよりおいしく仕上がります

出世魚のコノシロは小骨が多いですが、酢に漬けることで柔らかくなり食べやすくなります。カラフルな色合いで見た目もおいしく。


タグ:コノシロ シラス エビ 桜エビ 弁当 第14回シーフード料理コンクール受賞レシピ

レシピ

【献立】
・ちりめん押鮨★
・コノシロ押鮨★
・パプリカ押鮨★
・エビとアオサのバターソテー
・ハモのレンジ茶巾
・クラゲの酢の物
・みかんゼリーなど

※★印の料理のレシピを掲載しています。


[酢飯の材料(4人分)]
米 2合/昆布(10cm) 1枚
[調味料]酢 13ml/塩 6g/砂糖 16g/うまみ調味料 少々
 
[ちりめん押鮨の材料(4人分)]
しらす 20g/桜えび 小さじ1/青のり粉 小さじ1/のりの佃煮 小さじ1/はちみつ 大さじ1/しょうゆ、みりん 各10ml/赤唐辛子 1/2本
 
[コノシロ押鮨の材料(4人分)]
このしろ(三枚におろしたもの) 2匹/青じその葉 2枚/桜の塩漬け 花8つくらい
 
[パプリカ押鮨の材料(4人分)]
パプリカ(赤、黄) 各1/8個/小松菜の塩漬け 4本/ピクルスの液(市販品可) 30ml/酢 100ml/砂糖 40g
 
 
[酢飯の作り方]
米を洗って昆布を入れて炊く。調味料を鍋に入れ、とろ火にかけ、しゃもじで混ぜながら溶かす。炊き上がったご飯をすし桶に移し、鍋で溶かしたものをしゃもじで切るように米に混ぜて冷ます。このすし飯を3等分にする。(ちりめん押鮨:125g×2、コノシロ押鮨:125g×2、パプリカ押鮨:250g)
 
[ちりめん押鮨の作り方]
(1)しらすを鍋に入れ、はちみつ、しょうゆ、みりん、赤唐辛子を入れて、煮汁がなくなるまで煮る。
(2)押しずしの型にすし飯125gを広げ、その上に(1)の半量を散らす。のりの佃煮をのせる。
(3)その上に残りのすし飯125gを広げ、上に残り半量の(1)、桜えびをのせる。青のり粉をふって、しばらく置いて形をなじませる。
 
[コノシロ押鮨の作り方]
(1)三枚におろしたこのしろは塩適量(分量表外)をふり、3時間くらいおく。その後、酢(分量表外。コノシロが浸るくらい)に3~5時間くらい漬ける。
(2)押しずしの型にすし飯125gを広げ、その上に(1)のこのしろ3枚を小さく切ってのせる。
(3)青じその葉1と1/2枚を適当にちぎってにのせる。その上に残りのすし飯125gを広げる。上に残りのこのしろ1枚を1cm幅くらいに切ってのせ、お好みで桜の塩漬けをのせ、残りの青じその葉1/2枚をみじん切りにして散らす。しばらく置いて形をなじませる。
 
[パプリカ押鮨の作り方]
(1)パプリカはさっとゆでる。
(2)ピクルス液、酢、砂糖を合わせて漬け液を作り、(1)を半日ひたす。
(3)(2)のパプリカはみじん切りに、小松菜の塩漬けもみじん切りにする。すし飯250gに混ぜ合わせる。押しずしの型に入れ、しばらく置いて形をなじませる。

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

おいしいレシピ一覧へ