文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

おいしいレシピ

〈日本放送協会会長賞〉
あけぼのベネディクト

【第15回シーフード料理コンクール受賞レシピ】
朝食にお馴染みの鮭を、洋風にアレンジ

「あけぼの」は古語で明け方、つまり朝を表しています。エッグベネディクトをヒントにした、日本の朝食の定番・鮭の新しい食べ方です!


タグ:サケ 第15回シーフード料理コンクール受賞レシピ

レシピ

[材料(4人分)]
さけ 4切れ/アンチョビ 5切れ/しらす 大さじ2/ご飯 400g/大葉 4枚/卵 4個/酢 大さじ2/片栗粉、小麦粉 各適量/塩、こしょう 各少々/オリーブ油 適量/バター 小さじ2/七味唐辛子 少々
[ソース]
めんつゆ(2倍希釈のもの)大さじ8/みりん 小さじ4/バルサミコ酢 大さじ2/バター 小さじ1
 
[作り方]
(1)ご飯に刻んだアンチョビと片栗粉を入れて混ぜます。4つの円形にまとめます。オリーブ油を敷いたフライパンで両面を焼きます。
(2)さけの皮をとり、皮に塩、こしょうをして、フライパンでパリパリに焼きます。
(3)身は塩、こしょうをふり、小麦粉をまぶしてオリーブ油をひいたフライパンできつね色になるまで両面を焼き、最後にバターを入れ、軽くからめます。
(4)鍋に卵が沈む程度の水を入れ、酢と塩を加えて沸騰させたら、お玉で渦(うず)を作り、その中心にあらかじめ皿に割った卵をそっと入れます。白身がある程度固まったら、すくい上げて氷水につけておきます。
(5)ソースを作ります。フライパンにめんつゆ、みりん、バルサミコ酢を入れ、軽くとろみがつくまで煮詰めたら火を消し、バターを溶かします。
(6)しらすはフライパンで軽く煎ります。
(7)皿に(5)のソースを広げ、(1)のごはん、大葉、(3)のさけ、(4)の卵(氷水から引き上げます)、(2)のさけの皮の順にのせ、上から七味唐辛子と(6)のしらすを散らします。

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

おいしいレシピ一覧へ