文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

pridefish

おいしいレシピ

NEWやさしい味わいで楽しむお魚ワンプレート

【第18回シーフード料理コンクール入選レシピ】
お店で楽しむお魚ワンプレート

二種類の出汁を味わえるスープ椀と旨みを閉じ込めた出汁を食べると感じる春巻き。
■海鮮追い味スープ椀
まず、特製出汁(鯛でとったもの)と春雨・具だけを味わっていただき、その後大きく底からかき混ぜて残りの出汁と一緒に春雨を食べてください。
■魚貝を使ったトロける春巻き
見た目はシンプルな春巻きです。食べると魚介の濃厚な味と滑らかな食感が愉しめます。


タグ:タイ ハマグリ エビ ホタテ アナゴ 第18回シーフード料理コンクール入選レシピ

レシピ

【ワンプレートの献立】
主菜:海鮮追い味スープ椀(左)★
副菜:魚貝を使ったトロける春巻き(下)★
主食:にぼしとかつおの味玉飯(右)
副菜:海の香りサラダジュレ掛け(上)
※写真は、1人分のワンプレートです。
※ワンプレート4品のうち2品以上に国産のお魚、貝、海藻類を使用しています。
※★印の料理のレシピを掲載しています。

[材料(2人分)]
≪海鮮追い味スープ椀≫

車えび(むき身) 2尾/昆布じめたい 24g/いくらしょうゆ漬け 2g/ゆずみそ(甘めにブレンドしたもの) 24g/春雨 40g/しろ菜 2/3束/針野菜(芽ねぎ、にんじん、白ねぎなど) 10g/穂じそ 1個/だし汁(たいなどでとったもの) 400ml/黒こしょう 少々
<特製卵蒸し汁>
はまぐり 40g/焼き貝柱(ほたて) 30g/酒(料理用) 150ml/水 150ml/卵 2個/薄口しょうゆ 7ml/みりん 7ml/塩 少々

≪魚貝を使ったトロける春巻き≫
<車えびの春巻き>
車えび(むき身) 2尾/吉野くず 25g/だし汁(車えびなどでとったもの) 200ml/カシューナッツ 少々/春巻きの皮 1枚
<あなごの春巻き>
あなご(味つき切り身) 1/4尾/吉野くず 25g/だし汁(あなごなどでとったもの) 200ml/当りごま 少々/春巻きの皮 1枚
揚げ油 適量/エンダイブ 2/5束/乾燥レモン 2枚

[作り方]
≪海鮮追い味スープ椀≫

(1)鍋に酒と水を入れ、はまぐりと焼き貝柱を加え、中火で煮ます。火が通ったら冷やして余熱を取ります。
(2)昆布じめたいを焼きます。
(3)卵は1個を白身と卵黄に分けます。(1)にその卵黄と全卵1個、薄口しょうゆ、みりん、塩を加え混ぜて特製卵蒸し汁を作ります。
(4)器の底にゆずみそを敷き、その上から(3)の「特製卵蒸し汁」を流し、蒸し器に入れ蒸し上げます。
(5)車えび、春雨、しろ菜を下ゆでします。
(6)えびとたいにガスバーナーで焼き目をつけます。
(7)蒸し上がった(4)の上に春雨、しろ菜、針野菜、(6)のえびとたい、 いくらのしょうゆ漬け、穂じその順に盛りつけます。
(8)盛りつけがくずれないようにだし汁をやさしく器に注ぎます。最後に上へ黒こしょうをふります。

≪魚貝を使ったトロける春巻き≫
(1)吉野くずと車えびの特製だし汁を合わせて練り、カシューナッツを砕いて加え混ぜて冷ます。
(2)車えびを霜降り(熱湯をかけて表面のみに火を通す下処理の方法)にして、食べやすい大きさに切ります。
(3)(1)と(2)を混ぜて、春巻きの皮で巻き「車えびの春巻き」にします。
(4)吉野くずとあなごの特製だし汁を合わせて練り、当りごまを加え混ぜて冷やします。
(5)あなごを縦長に切ります。
(6)(5)を春巻きの皮にのせ、その上に(4)をのせて巻き「あなごの春巻き」にします。
(7)(3)と(6)をそれぞれ油で揚げ、半分に切ります。器にエンダイブをのせ、春巻き2種類と乾燥レモンを盛ります。

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

おいしいレシピ一覧へ