文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

和歌山県

ケンケン釣りカツオ


旬:3~5月

紀南地方では春先黒潮にのって北上するカツオを
「ケンケン漁」で釣りあげる!
“ケンケン釣りカツオ”のいきの良いモチモチとした
食感は絶品!

プライドストーリー

カツオを1本ずつ丁寧に釣りあげて鮮度管理し、その日のうちに市場へ水揚げするため鮮度抜群!
明治にハワイの島民とともに改良した「ケンケン漁」は匠の技!

 黒潮に面する紀南地方沿岸では、春先に黒潮にのって北上するカツオを、地元で「ケンケン漁」と言われる引き縄釣り漁により、1本ずつカツオを釣りあげます。釣上げた後、直ちに活け締め・氷温保存し、その日のうちに市場へ水揚げされるため鮮度が抜群です。特に、刺身やたたきが絶品で、いきの良いモチモチとした食感はたまりません!地元で春の訪れを告げる魚として古くから愛されています。
 ケンケン漁の歴史は古く明治の初め頃、和歌山県の串本からハワイに大勢の人が移民し、その中の串本町田並の人達がハワイの島民とともに改良した漁法とされています。その後、明治41年(1908年)にハワイから改良されたケンケン漁を逆に田並に伝えて国内で広まりました。
 ケンケン漁の名称について諸説は色々とありますが、ハワイのカナカ語で羽を使ったルアーをケンケンと呼んでいたことや、水揚げ時にカツオが水面をケンケンするように飛び跳ねることともいわれています。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

地元で昔から愛されている和歌山の“ケンケン釣りカツオ”は春の訪れを伝える!
すさみの「すさみケンケン鰹」と串本の「しょらさん鰹」は和歌山のカツオ2大ブランド!

 ケンケン漁とは、主に10トン未満の小型漁船で船の両側や中央から長い竿をはりだし、その竿から釣り糸で擬餌針をたらし、船を走らせながら、餌が泳いでいるようにみせてカツオを1本ずつ釣りあげる漁法です。
 和歌山県内で“ケンケン釣りカツオ”は、主に周参見(すさみ)漁港や串本(くしもと)漁港で水揚げされます。平成24年度にすさみ町では272t、串本町では493t(※)のカツオが水揚げされています。
 すさみでは、和歌山県すさみ町においてケンケン漁法により水揚げされた鰹を「すさみケンケン鰹」として地域団体商標を取得したり、例年3月頃にすさみケンケンかつお祭りを開催する等PRを図っています!また、串本では、串本町が発祥とされるケンケン漁でとれたカツオを「しょらさん鰹」のネーミングで、売り出しています。「しょらさん」とは串本の言葉で“愛しい人”の意味です。

◎和歌山南漁業協同組合
http://wakayamaminami.com/index.html
◎すさみケンケンかつお委員会(事務局:すさみ町観光協会)
http://www.aikis.or.jp/~susami-k/event/katuo_mikaku/katsuo.html
◎和歌山東漁業協同組合
http://www.jf-wakayamahigashi.jp/index.html
※農林水産省海面漁業生産統計調査より引用。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他和歌山県のプライドフィッシュ