文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

茨城県

茨城常磐のまさば


旬:11~1月

北の海で丸々と太ったまさば。
脂肪を蓄えた体には脂がたっぷり

プライドストーリー

漁獲量日本一を誇る茨城常磐のまさばは、
風味も栄養量もハイレベル

 日本近海で主に漁獲されるさばには、「まさば」と「ごまさば」の2種類があり、一般的にまさばの方が脂が多く旨味も勝るといわれています。
 茨城県で漁獲されるまさばは、伊豆半島沖で春ごろに産卵し、餌を食べながら北上します。その後、北海道沖で餌となるプランクトンを食べ、脂肪を豊富に蓄え丸々と太ったまさばが、産卵のために南下し、茨城県海域で漁獲されます。特に秋から冬にかけて獲れる500g以上のまさばは身に脂肪が入りつつもほどよくしまり、その風味は格別です。日本の各地で漁獲されているまさばですが、茨城県の属人水揚量は全国1位を誇ります。
 まさばには、EPA・DHAが豊富。青魚の中でも群を抜いて多く含まれています。他にもビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、鉄、ナイアシンなど健康に役立つ栄養が豊富です。ガンや血栓症、痴呆症の防止、高血圧や肝臓病などの成人病予防にも効果的と言われています。他にも健康な爪や皮膚をつくり炎症を防ぐ、骨や歯の発育を促す、口内炎や口角炎を防ぐ、とり目やかすみ目を防ぐといわれるなど、良いこと尽くめの魚です。
 さばは味噌煮や竜田揚げ、しめさばなどで食べるのが一般的ですが、旬で脂ののったまさばは塩焼きが絶品です。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

それぞれの船で役割を分担し、
連係プレーで大群をすばやく漁獲

 主にまき網漁業、定置網漁業で漁獲されます。まき網の漁場は八戸から房総海域にかけて、北部太平洋海域の広範囲に形成されますが、常磐沖で獲れるまさばは漁場も近いため、非常に鮮度がよいです。
 まき網漁業では、魚群探知機で魚の群れを探し、長さ1,000m~1,800m程度の網を素早く魚群を囲むように投網します。通常1船団は網船、魚探船、運搬船に役割分担され、連係プレーで漁を行います。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他茨城県のプライドフィッシュ