文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

富山県

富山湾のホタルイカ


旬:3~5月

プリプリの大きな体、トロリとした中身。
抜群の鮮度を誇る味覚は絶品

プライドストーリー

押し寄せる光るホタルイカの大群は
富山でしか見られない特別天然記念物

 「富山県のさかな」の1つであるホタルイカ。他県では底曳網で漁獲されますが、富山のホタルイカは定置網で漁獲されるため、傷も少なく、また漁場から漁港までが近いため鮮度も抜群。富山のホタルイカが漁獲される3~5月は産卵期を迎えているため、他県で漁獲されるものより魚体が大きいのも特徴です。
海岸近くまで数百万匹のホタルイカが押し寄せて、闇夜に光り輝く富山湾。これは世界でも例のない珍しい現象として知られており、富山湾の中でも特に常願寺川右岸から魚津市にかけて約15㎞、沖合約1.3㎞の海面は「ホタルイカ群雄海面」として国の特別天然記念物に指定されています。
富山湾に数百万匹のホタルイカが押し寄せてくる理由は、海岸から急に深くなる、富山湾独特の地形に由来します。ホタルイカは日中水深200m前後の所に生息していますが、産卵のため、夜一斉に浮上します。そして、産卵後ホタルイカが浅瀬に打ち上げられ一斉に発光する現象を地元では「身投げ」と呼んでいます。一年魚のホタルイカが発する「キューン、キューン」という音が、鳴いているようにも聞こえ、哀愁を誘います。
 
 鮮度の良い状態で茹でたホタイルイカは、胴が丸くつやがあり、足は丸まっています。外はプリプリで中はトロリとした獲れたての味は絶品です。調理方法はボイルや唐揚げ、黒作り(醤油漬け)などさまざまで、どの料理も抜群のおいしさです。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

全国でも珍しい定置網漁業で漁獲。
傷をつけない漁法によりツヤツヤの体を実現

 県内全ての漁港で水揚げされますが、主な水揚げ漁港は新湊漁港、四方漁港、水橋漁港、滑川漁港、魚津漁港。富山湾のホタルイカは定置網(マント網式)で漁獲されます。定置網によるホタルイカ漁は全国でも富山でしか行われていません。定置網で漁獲されるため、魚体が傷つきにくく、また漁場が漁港や加工場にも近いこともあり、富山の主力商品である、ボイルホタルイカや刺身をはじめとする鮮度を生かしたおいしい商品がつくられています。
 富山県にはホタルイカの魅力を紹介する「ほたるいかミュージアム」や海上でホタルイカ漁の見学や発光現象を見学できる「ほたるいか海上観光」などがあります。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他富山県のプライドフィッシュ