文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

富山県

富山湾のフクラギNEW


旬:8~1月

さっぱりとして癖のない、ブリの幼魚。
絶妙な脂のバランスが魅力

プライドストーリー

NEW

「福が来る魚」として人気の出世魚。
さまざまな調理法で楽しめる味は、食欲の秋にぴったり

 富山県では最もポピュラーな魚のひとつとして知られるフクラギですが、県外だとあまりなじみのない呼び方かもしれません。フクラギとは、生後7~8か月の体長30~40cm、体重500g~1.0kgに成長したブリの幼魚のこと。ブリは出世魚として知られていますが、地方により呼び方が異なり、富山では「コヅクラ」「フクラギ」「ガンド」「ブリ」の順に成長します。「フクラギ」は関東圏では「イナダ」、関西圏では「ツバス」と呼ばれています。「フクラギ」という名前は大漁で港がにぎわい「福が来る魚」と呼ばれたことが由来とされており、漢字では「福来魚」と書きます。出世魚であることに加え、この漢字の縁起の良さ、さらに値段も手ごろであることから、富山県民にとても親しまれています。
 フクラギはブリのシーズンより一足早い10~11月に盛漁期を迎えます。脂のバランスがよくさっぱりとして癖のない味わいは、刺身はもちろん塩焼き、生姜煮の他、開き干し、糠漬けにしても美味。秋が深まり食欲が一層刺激されるころ、新米のおかずに、お酒のお供に。食べ物にうるさい富山県民の舌と心をつかんで離さない、自慢の魚です。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

NEW

県内のすべての漁港で漁獲されるポピュラーな魚。
鮮度維持の秘訣は、すばやい「氷締め」

 水揚げ漁港は氷見漁港、新湊漁港、四方漁港、岩瀬漁港、魚津漁港、黒部漁港、宮崎漁港など、県内にあるほぼすべての漁港で漁獲されています。
 フクラギは富山湾の沿岸漁業を代表する定置網漁で漁獲されています。定置網漁は富山県の漁獲量の約8割を占める主要な漁法です。
 定置網漁は魚体を傷つけにくく、また、船上ですぐに「氷締め」することで、鮮度を維持しています。さらに、本県の定置網は漁場から漁港までが近く、水揚げされてからセリにかけられるまでの時間が短いため、品質・鮮度ともに高い評価を得ています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他富山県のプライドフィッシュ