文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

静岡県

伊豆のさざえ


旬:3~5月

伊豆の荒波でたくましく育つさざえ。
噛むほどに広がる海の味が魅力

プライドストーリー

複雑な地形で山と海の恩恵をたっぷり受けた身は
旨み深く歯ごたえ抜群、さらに栄養たっぷり

 静岡県の東端部に位置する伊豆半島。半島の中央部には天城連山があり、太平洋から流れ込む湿った空気が標高1000mを超える山々にぶつかり、雨雲を発達させます。この雨が山間部を流れ、伊豆周辺の海へ山の栄養を運んでいきます。海岸の地形は「伊豆半島ジオパーク」と呼ばれ、海底火山群の痕跡である岩礁帯が多く入り組んだ海岸線が特徴。沖合いに流れる黒潮の影響を受けやすく、岩肌から離れないようツノを張り出したさざえは、荒波に揉まれ身がよくしまります。栄養豊富な海で育った海草を食べ、味が良く歯ごたえあるおいしいさざえに成長します。
 通年を通して水揚げされ市場に並びますが、夏の産卵期に向けて栄養を蓄える春から初夏にかけてが旬。採捕されるさざえはほとんどが100g前後ですが、中には400g以上の大きなものも水揚げされています。なお静岡県では、漁業調整規則を設け殻蓋3cm以下のものは採貝捕禁止となっています。
 さざえの身にはビタミン・ミネラル類がバランスよく含まれ、なかでもタウリンの含有量はトップクラス。コレステロール値を下げる効果や老化予防等に効果があると言われています。刺身、つぼ焼きはもちろん、ご飯と炊き込んだ「さざえご飯」は絶品。2015年より漁協がタッグを組んで開発した「さざえちゃうだー」など、新しい食べ方も伊豆からどんどん発信しています。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

静岡有数のさざえ漁獲地である伊豆半島。
多くの漁港で水揚げされています

 伊豆半島でのさざえの漁獲量は静岡県全体の9割を占めており、初島漁業協同組合(初島港)、大熱海漁業協同組合(熱海港)、いとう漁業協同組合(宇佐美港・川奈港・富戸港・八幡野港・赤沢港・網代港)、伊豆漁業協同組合(下田港・稲取港・須崎港・田子港・土肥港など)、戸田漁業協同組合(戸田港)など多くの漁協、漁港で水揚げされています。
 主に潜水器を用いた潜水漁業や、海士・海女さんの素潜り漁により、伊豆半島で漁獲します。潜水漁業では、面潜というマスクを装着した水中の採貝者へ船上から伸ばした空気管で空気を送り、貝類やナマコなどを採捕します。いとう漁協、伊豆漁協の漁業者の72隻の船が、知事に許可を受け操業しています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他静岡県のプライドフィッシュ