文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

石川県

石川のアカガレイ


旬:4~6月

しっとりと乗った脂、それでいて味はあっさり。
新鮮なものはほんのり甘い刺身が絶品

プライドストーリー

体の赤さは鮮度の証。
調理しやすく食べやすい、万人に愛される魚

 多種多様なカレイが水揚げされている石川県で、水揚げ量が最も多いのがアカガレイです。腹側に赤みがあり、全体的にも赤みがかっていることからアカガレイと呼ばれています。この赤みは鮮度が落ちるとなくなってしまうため、鮮度を見極める目安のひとつです。また、体の有眼側に透明感があり、適度のヌメリがあるものが新鮮と言われます。
 アカガレイは周年水揚げされていますが、旬は冬から春。産卵時期のため、身体に脂肪をたっぷり蓄えます。脂の乗った子持ち(メス)カレイは市場でも高く評価されていて、煮付けにすると格別です。カレイの真子(白子)も人気です。
 味は淡白で、低脂肪・高たんぱく。料理法はさまざまで、煮ても焼いてもおいしくいただけます。新鮮なものは刺身もおすすめ。細かい骨がなく非常に食べやすい魚です。ご家庭でも是非ご賞味ください。

    石川のさかな

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

人々の協力で守られる、県を代表する魚。
近い漁場だからこそ実現する高鮮度が自慢

 石川県では、アカガレイの漁獲の9割は底曳網漁業、残りは刺網漁業で行われています。主な水揚げ港は橋立漁港、金沢港、富来漁港、輪島港、蛸島漁港です。カレイの多くは水深100m前後の砂泥底に生息していますが、アカガレイは水深200~600mの範囲をエサを求めて深浅移動します。
 アカガレイは鮮度が落ちやすいため、煮付けなどに調理して食べられるのが一般的です。しかし、漁場が近いため日戻りでの操業ができる石川県、特に水揚げ港の地元では、よく刺身で食べられています。漁獲後にすぐ氷で冷却するなど、鮮度維持に努めることで実現する高鮮度の刺身は、まさしく漁師自慢の味わいです。
 自慢の資源であるアカガレイを守るため、石川県では、網目は5節以上の大きさにすること、混獲された20㎝未満の個体は再放流することなどが取り決められています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他石川県のプライドフィッシュ