文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

石川県

天然能登寒ぶりNEW


旬:12~2月

冬の日本海でたくましく育つ寒ぶり。
引き締まった身は脂ののりが抜群です!

プライドストーリー

NEW

「ぶり起こし」の鳴る11月からが食べごろ。
最高品質の石川県を代表する冬の味わい

 ぶりは成長するにつれ呼び名が変わる「出世魚」。石川県では、「ぼうず」→「こぞくら」→「ふくらぎ」→「がんど」→「ぶり」と変化します。
 11月からの雷がよく鳴るころ、日本海を南下してくるぶり。この時期の雷は「ぶり起こし」と呼ばれ、寒ぶりの到来を知らせてくれるものとされています。
 この時期のぶりは、鮮度、色艶、脂のり、すべてが抜群。たっぷり脂がのった身は、刺身はもちろん、ぶりしゃぶやぶり大根にしても絶品です。
 石川県では、娘を嫁に出した家から嫁入り先へ寒ぶりをお歳暮として贈る慣習があり、お歳暮の時期の寒ぶりには高い値が付けられます。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

NEW

脂がのり丸々と太った冬のぶり。
7kgを超える大型のものだけを天然能登寒ぶりとして認定

 珠洲市から七尾市の富山湾に面する海域(内浦)で盛んな定置網。石川県の定置網は古くは戦国時代末期から操業されていると伝えられています。伝統ある産業で、能登の基幹産業となっています。内浦での定置網は、漁港から漁場までの距離が1~2kmと近いうえ、漁獲後は冷海水による品質管理を徹底しているので、高鮮度のまま漁獲物を消費者へ提供しています。
 寒ぶりは冬の時期、この定置網で漁獲されますが、中でも11月から2月にかけて漁獲される7kgを超えるものを「天然能登寒ぶり」と呼びブランド化が進められています。脂身の脂含量は30%を超え、刺身が醤油をはじくほどです。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

その他石川県のプライドフィッシュ