文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

福井県

ふくいサーモン


旬:4~6月

ほどよく上品な脂ののりと
芳醇な旨みが自慢です!

プライドストーリー

温度の低い福井のきれいな海で育った「ふくいサーモン」。
肉質の良さに自信あり!

 海で養殖されたニジマスであるトラウトサーモンは、水温が20℃以下の環境でしか育たないと言われます。そこで福井では、福井の海の低水温環境を活かしたトラウトサーモン養殖を平成26年から始め、「ふくいサーモン」が生まれました。ふくいサーモンを広く紹介するため、地元シェフを集め産地交流会や県内複数の飲食店で食べられるフェアが開催されました。
 「ふくいサーモン」のおいしさは、なんといっても上品な脂ののりともっちりとした肉質。サーモン特有の臭みがないことも自慢のひとつです。また、サーモン特有のオレンジ色の身にはアスタキサンチンが豊富に含まれ、美容や健康に良いといわれおり、女性にもぴったり。豊富な栄養価と良質なたんぱく質を含みながら、低脂肪・低カロリーのため、健康志向が強まる現代、積極的に摂取したい食材のひとつになっています。
 冷凍しても鮮魚と変わらない品質を保つことができるため、刺身やマリネ、ムニエルなど幅広い料理で活躍するふくいサーモンは、老若男女問わず大人気。愛情をこめて育てた、安心・安全のおいしさをご賞味ください。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

成長過程で淡水から海水に移動。
じっくりと時間をかけて育成します

 「ふくいサーモン」は、1月頃にふ化したトラウトサーモンの種苗から育てます。最初は大野市を中心とした淡水の養魚場で飼育し、1年程の時間をかけて500g前後まで成長させます。その後、徐々に海水に慣れさせてから、県内5ヶ所(福井市、美浜町、小浜市、おおい町)の海に移し、約半年間の海面養殖を開始します。出荷の最盛期は4~5月ごろで、約2㎏にまで成長したトラウトサーモンは水揚げ時に活〆することで「ふくいサーモン」として出荷されます。より多くの消費者に新鮮なふくいサーモンを食べてもらうため、生産者は鮮度が落ちにくいよう活〆をしたり、JF福井漁連では敦賀水産基地を使って、加工・販売を行っています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他福井県のプライドフィッシュ