文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

福井県

若狭の寒ブリNEW


旬:11~2月

身の締まりと脂のりは抜群。
福井の冬を代表する寒ブリ

プライドストーリー

NEW

日本海に寒風が吹き荒れるなか泳ぎ来る「若狭の寒ブリ」。
荒波のなかで育ったその身は抜群の肉質を誇ります

 ブリは、日本海に寒風が吹き荒れると、定置網に押し寄せると言われています。この日本海の冬の荒波の中を泳ぎ来る「若狭の寒ブリ」は、身は締まり、脂ののりは絶品です。ブリ刺しや炙り刺しはもちろん、ブリしゃぶやブリ大根など楽しみ方はさまざま。越前がにと並ぶ、福井の冬のごちそうです。
 おいしさだけでなく、栄養価の高さもブリの魅力。脳の老化を防ぐと言われるDHAや良質なビタミン、吸収率の高い鉄分、旨み成分となるアミノ酸を豊富に含む、高栄養食材です。新鮮なものはコリコリとした弾力と歯ごたえがあり、噛むほどにおいしさが溢れます。福井県では地元シェフらとの産地交流会を行い、野〆と活〆ブリを食べ比べた味の違いや生産者の取り組み、料理提案などの意見交換を通して、県内外への消費拡大に取り組んでいます。
 出世魚として知られるブリは、福井県では成長につれ「アオコ」「ツバス」「ハマチ」「ワラサ」「ブリ」と呼び名が変わります。

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

NEW

県内ほぼすべての漁港で水揚げされているブリのなかでも、
若狭湾の豊富な餌で育った「若狭の寒ブリ」は格別の味です

 ブリは主に大敷網(定置網)で周年にわたって漁獲され、県内ほぼ全ての漁港で水揚げされます。また、県内の大敷網(定置網)漁業での水揚げ量が毎年1、2位を争うほどの主要な魚種でもあります。大敷網は魚の通り道に仕掛けるので、毎年変わる潮の流れ等の海の状況を見極めながら設置するその技術はまさにプロの技です。そして、冬の日本海の荒波に揉まれ、若狭湾の豊富な餌を食べて育つ「若狭の寒ブリ」は、身が締まり、脂がのって絶品です。
 「若狭の寒ブリ」が水揚げされる日向漁港では、古くから寒ブリ漁が行われています。近年は新たな取り組みとして、活け越し・血抜き・神経締めなどを行い品質向上に努め、若狭の寒ブリのブランド化をめざしています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

Coming soon

お店をもっと見る

その他福井県のプライドフィッシュ