文字サイズ

プライドフィッシュ

menu
mv

全国のプライドフィッシュ

山口県

ケンサキイカ


旬:9~11月

柔らかく甘みのある身が特徴の、
アオリイカと並ぶイカの王様

プライドストーリー

夏から秋にかけて山口県沿岸に回遊してくるケンサキイカ。
透き通った美しい身は、何と言っても刺身が一押し

 名前の通り胴の形が剣の先のように細長い形をしているケンサキイカ。アオリイカと並ぶイカの王様で、肉厚で身が柔らかく濃厚な甘みがあります。主に九州西岸から日本海西部に分布し、山口県沿岸にはエサとなる小魚が多いため、特に夏から秋にかけて回遊してきます。寿命は1年と短く、赤褐色の体色から「アカイカ」、または「マイカ」とも呼ばれます。身が白いことから「白イカ」と呼ぶ地域もあり、呼称はさまざまです。
 漁場が近く活きの良い状態で水揚げできるため、新鮮なケンサキイカは刺身がお勧め。透き通った美しい身はコリコリと歯ごたえがよく、独特の甘みも楽しめます。他にも天ぷらや焼物、煮物、干しものや塩辛など豊富な料理に利用できます。干したものは「剣先スルメ」となり、スルメの中でも最高級品で「一番スルメ」と呼ばれます。
 またおいしいだけでなく、良質のたんぱく質を持つイカは低脂肪、低カロリーの食材。血圧を正常に保つタウリンを多く含み、ビタミンも豊富です。

    ケンサキイカについて    萩のけんさきいかについて

※クリックして拡大

水揚げ漁港や漁法

イカの漁火は山口の夏の風物詩。
県内に4ブランドがひしめき合う

 萩・仙崎・湊・特牛(こっとい)の各漁港で水揚げされ、県内では「やまぐちイカ海道」と銘打ち、各地区でイカのブランド化に取り組んでいます。萩市須佐の「須佐 男命(みこと)いか」、その他萩地区に水揚げされた「萩のけんさきいか」、長門市仙崎の「仙崎イカ」に加え、下関市豊北地域で水揚げされる活いかと豊北市場に出荷される鮮魚いかのAランク(漁獲日に水揚げされたもの)をまとめて「下関北浦特牛イカ」と名付けたブランドの4種類があります。
 ケンサキイカは身が繊細で痛みやすく、取扱いが非常に難しい個体。そのため一本釣りが主流で、一杯ずつ丁寧に漁獲されたものは品質が良く、活きの良さが抜群です。集魚灯に集まったイカを専用の疑似餌で釣る「夜焚き漁」の漁り火は、日本海側の夏の風物詩となっています。

※クリックして拡大

おいしいお店・買えるお店・レシピ レシピ 直営店 泊まれるお店 プライドフィッシュ取扱店

お店をもっと見る

プライドフィッシュと地魚のお取り寄せ プライドフィッシュと地魚のお取り寄せ

その他山口県のプライドフィッシュ